くまこさんのつれづれ腎移植ダイアリー

IgA腎症、リウマチ、ANCA血管炎、慢性腎不全と、次々に病に襲われ2015年7月30日生体腎移植を受けました。移植のあと、まだまだトラブルが。サイトメガロウィルスに感染し、激しい胃痛で再入院しました。リウマチによる手の変形にも、悩んでいます。

手術を拒まれ、夢、砕かれる。

とにかく落ち込んでいます。


手の変形の手術を行ったら、使いやすく、見た目もよくなる!と、夢を抱いていたのが、打ち砕かれだからです。


今日は、勤務先に無理を承知で、お願いしまくり、手の外科の外来に行きました。年末、手術をしようと夏に言われていたからです。


腎移植外科からの、手術への評価が病院に届いていました。免疫抑制剤を必ず飲むようにという、指示があったようです。それを見てか、


「免疫抑制剤、飲まなくてはならないのだね。」


と言われ、感染リスクがあると、尻込みされました。


「手術するなら、手術後のリハビリ期間をゆっくりとりたいのだけど。免疫抑制剤を飲んでいると、リスクがあるから、職場復帰が遅れるけれど、休めますか?」


そんなに長く取れないですと、言ったら、


「リウマチがあるから、手術しても、また変形するかもしれないしねえ。」


明らかに前回の反応と違いました。前回は是非やりましょう、手術!だったはずなのに。やっぱり、脱臼だらけのこのひどい変形した手は、外科医にも重荷の患者で、ましてや腎移植しためんどくさい患者!なんでしょう。


再び、どん底に落とされました。


帰りの電車は、悔しいし、みっともない曲がった使い勝手の悪い、痛みのある手が、いつもより辛すぎて、情けなくて。怒りをどこにぶつけていいか、涙涙。


いつも通っている近所の整形外科に行き、先生に話しました。

先生も調べてくれていて、


手の手術は、医学が発達したとはいえ、リスクが高いと。人工関節は、しっかり握れなくなるらしいと。


今なら、こうなる前に、リウマチを叩くいい薬があるのだけど、あなたは若い頃発症して、大変だったのだもんね、腎臓も悪かったし、と。

いつでも話を聞いてあげるから、いらっしゃい!という言葉をいただきました。


酷く曲がりきった、関節の手で、これを打ち込んでいます。

働かざるを得ない状況にあることも、悔しく、やり場がないです。


この手袋で、温めながら、明日からまた手を沢山使う仕事に行きます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。