くまこさんのつれづれ腎移植ダイアリー

IgA腎症、リウマチ、ANCA血管炎、慢性腎不全と、次々に病に襲われ2015年7月30日生体腎移植を受けました。移植のあと、まだまだトラブルが。サイトメガロウィルスに感染し、激しい胃痛で再入院しました。リウマチによる手の変形にも、悩んでいます。

リウマチ外来

昨日リウマチ外来でした。


脱臼して尺側偏位の酷い右手。

右手のように少しずつ曲がってきた

左手。

外反母趾かつ、指が重なり、靴に当たって痛い足指。


血液検査は落ち着いていますが、手と足の変形で不自由です。


先生は、手術しかないと。


手は病院を変えますが、

行く暇がない。

平日は行けない状態。

足は、病院を調べてみるね、と先生。


パラフィンというリハビリを、隣の整形外科で気休めでしています。

手を熱々のロウで固めてじっとすると暖まり、血行が良くなりますが一時しのぎ。受診時刻終了寸前に飛び込みました。


そこの先生言わく、

30年前に、今の薬があったらねえ、こんな手にはならなかったねえ、今、言っても仕方ないけど。と苦笑


私、

ということは、今後、私のような曲がった手になる人はいなくなるということですね。 と言ったら、


先生

そういうことだね と。


気休めのジクロフェナクナトリウムという鎮痛消炎剤のクリームを出してもらいました。


手の曲がりは激しく、使いづらくなってきました。テーブルに手のひらをつけないし、物を掴みにくいし。痛いし。


でも、こんなテキカツが作れるから、頑張ろう。


TBSの噂の東京マガジンでやっていたのを参考に。

美味しくできました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。