くまこさんのつれづれ腎移植ダイアリー

IgA腎症、リウマチ、ANCA血管炎、慢性腎不全と、次々に病に襲われ2015年7月30日生体腎移植を受けました。移植のあと、まだまだトラブルが。サイトメガロウィルスに感染し、激しい胃痛で再入院しました。リウマチによる手の変形にも、悩んでいます。

4ヶ所目の手外科

勤務先に遅刻届を出し、本日4ヶ所めの手外科へ。

人気のドクターとのことで、待つのを覚悟して行きました。

まず8時病院着。初診手続きをして、整形外科へ。待つこと1時間20分、呼ばれました。紹介状を読んで手術できるかもと。レントゲン撮影して来てくださいと言われ、レントゲン室へ。


そこが大変でした。思うような手の形が自力でできないので、レントゲン室の方がもう1人応援を呼び、2人がかりで私の手の形を作りました。何枚撮影したかわからないくらい撮影され、こちらは汗だく。足のレントゲンも撮りました。


再び戻り、診察室に呼ばれたのは11時15分頃。

先生に、


左手から手術しよう。夏休みなら大丈夫でしょ。最短3日入院。1日くらい手術当日は免疫抑制剤を飲まなくていいでしょ?


と言われましたが、いやそれは移植外科医に聞かないと、と言ったら


聞いてみてください。飲むならそれなりに考えてみましょう。


と。


幸い、骨自体はそんなにもろいようには見えないから、人工関節でなくてもいけそうで、右手は脱臼が酷いから手術は3倍の大変さと言われました。

固定3週間、その後2か月普通には動かせないそうです。どちらにしても、放っておくより進まないと。


次回術前検査をするようです。前の病院では、ここまでは同じ進度でしたが、次行ったとき、空振りされたので、ほんとに夏休み、手術するのかな?と、半信半疑ですが、今回はドクターが手帳に書き込んでいました。


仕事や生活で今より不自由にならないように、なんとかしたい‼︎

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。