くまこさんのつれづれ腎移植ダイアリー

IgA腎症、リウマチ、ANCA血管炎、慢性腎不全と、次々に病に襲われ2015年7月30日生体腎移植を受けました。移植のあと、まだまだトラブルが。サイトメガロウィルスに感染し、激しい胃痛で再入院しました。リウマチによる手の変形にも、悩んでいます。

左手手術後1カ月過ぎて

昨日整形外科外来でした。


気になっていることをメモして行きました。


薬指がやや傾く。

傷がまだ痛いから、装具にあたり、擦れる。

指の根元も装具にあたり擦れる。

小指に違和感、他の4本に比べると動きが、スムーズでない。

曲がり具合がどこまでいくか?


今、親指と他の4本が指先通しでタッチできるようになっています。曲がり具合もだいぶよくなりましたが、指先が手のひらに届きません。


外来受診前に、様々な角度からレントゲン撮影しました。


先生は

だいぶ曲がるようになったね。順調です。

擦れるのはつらいから日中、装具を6、7時間くらい外していいよ。腫れもあるし。

レントゲンも異常なし。

12月に予定通りに右手をやりましょう。


ということでした。


励まされた思いで、晴れ晴れした気持ちになりました。

まだ腫れているし、傷を見るとゾッとしますが、真っ直ぐになった手は、夢のようです。ずっと隠して生きてきた、曲がった使いづらい手が伸びたのは、本当に嬉しい。ピアノを弾いてみようかなあなんて、思いながら、職場に遅刻していきました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。