くまこさんのつれづれ腎移植ダイアリー

IgA腎症、リウマチ、ANCA血管炎、慢性腎不全と、次々に病に襲われ2015年7月30日生体腎移植を受けました。移植のあと、まだまだトラブルが。サイトメガロウィルスに感染し、激しい胃痛で再入院しました。リウマチによる手の変形にも、悩んでいます。

ワイヤーを抜いた

右手親指のワイヤーを抜く日


朝から嫌だなあと思っていました。


お正月明けで病院は混み混み!

予約していましたが、1時間待ちました。


ベッドに横になって

抜釘しましょう と先生


包帯を取ると自分の手の甲の感覚が変。

ペンチみたいのでグイグイ抜かれます。


いたたた!


痛かったよね。だいぶ痛い思いをたくさんしたね。 と先生


また短くなった固定シーネをしぐるぐる包帯を巻かれました。


一日、二、三回、包帯取って手の曲げ伸ばしをする。人差し指と親指がつくといい。

日曜日からワイヤーを抜いたあとの穴がふさがるから水に濡らしていい。 とのこと!


なんだか左手のときと違う気がしました。左手のときはこの段階で装具でした。右手は遅い。


やはり右手は左手よりかかるなあ、と、実感。

それだけ変形が激しかった。


皮膚がベロベロで乾燥して変です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。